趣味の旅人

パフェとプリンをよく食べるPCエンジンユーザーのブログです

【ある日の出来事】急に乱心していろんなプリンを買っていた

去年神戸のモトマチ喫茶のプリンを食べてからプリンの魅力に取りつかれたドルメルです。

 

ある日の深夜、いつも通りスーパーで半額になった総菜を買って家に帰ろうと思ったら急にこんなことを考えました。

「このまま帰っても面白くないな・・・」

唐突に「まっすぐ家に帰りたくない病」にかかり、その後何軒ものコンビニやドラッグストアに寄ってはプリンを買うという奇怪な行動に出ました。

 

乱心して(ただし無理のない範囲で)集めたプリンがこちら

 

f:id:yamanamidesu:20200525032516j:plain

メーカーやプリンの系統をなるべく被らないようにしたとはいえ、よくこれだけ種類を集めたものです。

せっかくなので一つ一つ食べた(飲んだ)感想を簡単に書いていこうと思います。

 

 

その1 プリンみたいなパン(セブンイレブン

f:id:yamanamidesu:20200525032610j:plain

かけられたチョコがお皿に移したプリンを彷彿とさせます。生地はほんのりと甘く、中にはやわらかいカスタードクリームが入ってます。甘さの二段構えがうれしく、おやつとしてもちょうどいいパンです。

 

 

その2 豆乳飲料プリン(キッコーマン

f:id:yamanamidesu:20200525032635j:plain

豆乳もいろいろな味が出る時代になっていますが、まさかプリンまであるとは思ってませんでした。

飲んでみると豆乳の風味を残しながらもちゃんとプリンしてて、味の系統としては三個入りで売ってるプリンと似たような感じです。

そういえば「プリンは飲みもの。」っていう商品がありましたね。まだ販売してるのでしょうか?

 

 

その3 塩バニラプリン(北海道乳業

f:id:yamanamidesu:20200525032654j:plain
f:id:yamanamidesu:20200525032708j:plain

白一色のシンプルな見た目が特徴。バニラベースのプリンからほんのり伝わってくる塩味が甘みを引き立てています。無駄のないビジュアルに無駄のない味、シンプルなのに奥深いです。

ただ甘いプリンよりも味にアクセントが付いたプリンの方が好きです。

 

 

その4 しみとろプリンケーキ(ファミリーマート

f:id:yamanamidesu:20200525032739j:plain
f:id:yamanamidesu:20200525032754j:plain

ファミリーマート新商品のプリンケーキ。プリンがしみこんだフレンチトーストは強めな甘さが特徴です。薄くスライスされたナッツもいいアクセントになっています。

プリンをすくい取って食べると言うよりは掘って食う感じです。(個人の感想です)

 

 

その5 ベルギーチョコプリン(ミニストップ

f:id:yamanamidesu:20200525032826j:plain
f:id:yamanamidesu:20200525032840j:plain

ふんわりムースの下にとろっとしたチョコプリンが入ってる構造のプリン。口の中に入れるとやさしいチョコの甘さが広がってあっという間になくなっていきます。正直なことを言うと味わい足りないからもう一個欲しいです。

 

その6 イタリアンプリン(プレシア)

f:id:yamanamidesu:20200525032908j:plain
f:id:yamanamidesu:20200525032923j:plain

ベルギーの次はイタリア。
実は初めて食べました。イタリアンプリンは独特の固さと控えめな甘さ、そしてねっとりしていながらまったくしつこくない舌ざわりが癖になります。
一般的なやわらかめのプリンともつかず、専門店や喫茶店などで出てくる固めのプリンともつかない第三のプリンといったところでしょうか?
私はどちらかというと固めのプリンが好みなのですが、イタリアンプリンもアリですね。

 

その7 ロイヤルカスタードプリン(トーラク

f:id:yamanamidesu:20200525032954j:plain
f:id:yamanamidesu:20200525033011j:plain
f:id:yamanamidesu:20200525033028j:plain

ベルギー、イタリアを巡ったら帰国して神戸に寄り道。
トーラクのプリンはやわらかくてトロっとした食感がたまりません。ロイヤルと付いてるだけあって上品で高級感のある味に仕上がってます。

後で知ったんですけど付属のカラメルは真ん中をくり抜いてから入れるのがいい感じなんですね。何も知らずに上からドバーっとかけちゃいました。

 

 

その8 こだわり極黒ごまプリン(アンデイコ

f:id:yamanamidesu:20200525033113j:plain
f:id:yamanamidesu:20200525033128j:plain

他のプリンと違って甘さはだいぶ控えめで、黒ごまの風味が強いから好みが分かれるかもしれません。しばらく甘いプリンを食べ続けていたから「もうちょっと違う味がするプリンが食べたいな」と思っていたところでこのプリンを食べ「そうそう、こういうプリンが食べたかったんだよ!」と大喜びでした。でも食べる順番が違ったら評価も変わってたかもしれません。

 

 

その9 ポムポムプリンは飲みものです。(ファミリーマート

f:id:yamanamidesu:20200525033157j:plain

話題作であり珍作でもあり問題作でもある飲みもの。

飲んでみると・・・本当に液体になったプリンでした。独特のとろみがプリンっぽさを引き立て、本当にプリンを飲んでいる感覚になります。だいぶ前に「プリンは飲みもの。」を飲んだ時は「プリンっぽい味だけどどちらかというとミルクセーキだな」という感想でしたが、ポムポムプリンは確実に「プリンだ!」と言えるぐらいプリンです。

ただ量が多いので、あびるほどプリンが欲しい時以外は飲まない方がいいかもしれません。けっこう腹にたまります。

そういえば昔興味本位でストローでプリンを吸ったことがあったのですが、なんだかその時のプリンの味に似ていた気がします。実は開発者も同じことをやっていて、その時の体験が商品開発に結び付いた、なんて可能性が少しだけありそうです。

 

 

この他にも自分で作った抹茶プリンと別の日に買ったシャトレーゼのプリンもあります。

f:id:yamanamidesu:20200525033237j:plain
f:id:yamanamidesu:20200525033250j:plain

こちらはカウント外なので感想は割愛。写真のみです。

 

 

一日1、2個ペースで食べてたので一週間ぐらいプリンを食べ(飲み)続けてたことになります。

ここ最近はプリンの素を買って作ることが多く、あんまり市販のプリンを食べてなかったので発見がいろいろありました。

 

また乱心したら買いこむかもしれませんが、今回でだいぶ満足したのでしばらくは乱心することはないでしょう。