趣味の旅人

パフェとプリンをよく食べるPCエンジンユーザーのブログです

元ボンボン読者がOH!MYコンブミドルを読んでみた その6

ドルメルです。

最近更新頻度が減ってミドルを読んだ感想を書くだけのブログになりかけてますが、見えていない場所ではちゃんとネタも見つけてますし書いてもいます。ただ作るのが遅いだけです。更新する意志はあるので生暖かく見守っていてください。

 

そんな個人的なことはともかくとして、

f:id:yamanamidesu:20210702003823j:plain

モーニング31号を手に入れました。6月中に出なかったせいかいつもより長く待った気がします。

 

前回のあらすじ

ムスビに頼まれてジャガマートで出すスイーツを作ることになったコンブはジャガマート本社役員の前で納得のいくものを出してムスビの役に立つことができた…と思いきやそれは役員を納得させるためのものだった。その後ムスビは本題を切り出してコンブに詰め寄る。その内容は子ども向けと中年男性向けのスイーツ作り。

果たしてコンブはどうするのか・・・

 

「お願いできますか?」と言っておきながら断ったらクビにもできると言っているので出る答えは予想できますが果たして…

 

※今回もネタバレを含んでいます。これから読む予定のある方は先に本誌を読んでからお読みください。

 

 

第6話「悩む中年、大志抱かず!?」

まずはいつもの公式引用から

 

昔からの友だちであり、お世話になっている企業のトップからのお願いを断れるわけもなく引き受けたコンブ。しかしそこにはアイデアが出ず、引き受けたことを後悔する中年コンブの姿がありました。後悔しながら酒をかっくらう姿と「お酒が進むのは、いい肴と『やってられない案件』がある時…。」 という一文が物悲しく、そして生々しいです。どうしようもなくなると全てを放り出してしまいたくなるのはわかる、わかるんですよ。でもそれを元少年マンガのキャラに当てはめるのはちょっと心が痛くなります。

それよりも最後に意味深な言葉がありますね。

 

第6話は簡単にまとめるとこんな感じです

 コンブは子どもと中年男性をターゲットにしたスイーツを作ろうとするもアイデアが浮かばず悩むばかり。 公園でお菓子を入れた袋を広げながら悩んでいると同じアパートの舞ちゃんがやって来て悩みを打ち明けることに。舞ちゃんに悩みを打ち明けたことでコンブは立ち直りお礼のリトルグルメを披露。そしてがんばりすぎないようにがんばることを決意した 

 

第1話に出てきたコンブを妖怪扱いしていた少年二人と舞ちゃんの父リョーマも出てきてかなり賑やかな回になっています。

悩んでいたコンブを救ってくれたのは舞ちゃんがリョーマから言われている「がんばりすぎない」という教えでした。確かにがんばろうとすると人間がんばれなくなるものです。実際私がそうでしたし、これに疑問を持って無理してがんばることをやめて以来、うまくいかなかったことがうまくいくようになりました。だからこの言葉、とても響きます。

そういう経験があるのでコンブにはがんばりすぎないほどほどのところでがんばってほしいと心から思いました。

 

 

 今回わかったこと

・コンブは料理が嫌いになっていた

・舞ちゃんは護身術が使える

リョーマは形から入るタイプ

 

物語はあまり進みませんでしたが、今回はコンブが料理を嫌いになっていたという情報が得られました。料理のことを考えすぎた結果料理の世界から離れ、そしてメンメンからも離れることになったのか?そのあたりはこれから明らかになると思いますが、ちゃんとコンブが料理の世界に進んでいたことがわかったので安心しました。前作がなかったことにされているのではないかという不安がなくなったのは大きいです。

 

 

第7話は38号

次回はムスビからの難題に立ち向かいOKをもらうのか、それとも試行錯誤を繰り返し「これだ!」というところまでいって次回に続く形になるのか今から気になっています。そんな気になる第7話が読めるのは38号です。7号先なのでなんとおよそ一ヶ月半待ちになります。最長2ヶ月待ちだったとはいえ長いですね。月刊誌で連載してたら一ヶ月待ちなんて余裕ですが週刊誌で一ヶ月待ちは異様に長く感じられます。

まあボヤいてもしょうがないので気長に待ちましょう。

元ボンボン読者がOH!MYコンブミドルを読んでみた その5

家ではろくに動かないドルメルです。同じ姿勢のまま長時間動かないことが多いので最近はその影響が出かけてる気がしてます。

 

そんなことより!!

f:id:yamanamidesu:20210527233731j:plain

モーニング26号を手に入れました。

ゴールデンウィークをはさんでいつもより長く待ちましたがこれでやっと続きが読めます。

はてさてムスビのお願いとはいったい何なのか?

 

※この先ネタバレが入りますのでこれから読む予定の方は注意してください 

 

 

第5話「ムスビからの挑戦状」

まずはいつも通り公式ツイッターをのぞいてみます。

ずいぶんと情報量の多い1ページですね。

ムスビくんにはフィットネスクラブを経営する奥さんがいて、これからそこへ行くところのようです。しかし金もあって婚約者もいるムスビはどう考えても勝ち組。婚約者も素敵な人であることは間違いありません。

それと「今は社長とバイト、雇い主と非正規雇用者」というエッジのきいた言葉が地味に心をえぐってきますね。どこでこんな差がついたのか・・・

 

第5話はかなり簡単にまとめると、ムスビの依頼で若い女性をターゲットにしたスイーツを作ることになったコンブ。一週間後、ジャガマート本社でスイーツを披露して役員を納得させて万事うまくいったかと思いきや、ムスビがもう一度スイーツ作りをしてほしいというお願いをしてきたというお話です。

そのお願いも半ば強引で脅迫ともとれるものでした。ムスビくん、真面目にコツコツやって昇りつめてきたように見せかけて、本当は強く出るところでは出て今の地位に就いてるのかもしれません。そういえば旧作でムスビは体操のお兄さんになって子供たちに親しまれて(ボコボコにされて)ましたが、もしかしたらその時の経験で心を鍛えられたんじゃないでしょうか?知らんけど

  

気になるムスビの奥様は意外すぎるあの人

それよりもムスビの「愛する妻」とはいったい誰なのか?名前は憶えてませんが、確かムスビのことが好きな女の子がいたのでもしかしたらその子かなと思って次のページを開いてみると、待っていたのは周囲の男を振り向かせるナイスバディな美女。コンブが「久しぶり」と言う相手で「小学校の同級生の…」と明確に説明されているのですが、旧作の記憶をたどってみてもこんな美女にまったく心当たりがありません。

それでムスビの奥様はいったい誰かというと・・・

 

あぶらみトン子です。

 

あぶらみトン子といえばガタイが良くていつもパワフルな女の子。コンブやパイ助がよく振り回されてた印象があります。

そんなトン子は20歳の時にフィットネスクラブの経営を始め、その2年後ライザップも白旗を上げるレベルの驚きの大変身をしてもはや別人に。自ら広告塔になって入会者を増やしていた頃にムスビから経営のアドバイスを受けて全国展開。それから二人が結びついたようです。夫婦仲もかなり良好な様子。きっと昔そんなに接点がなかったからいい関係になれたかもしれません。

  

 

今回わかったこと

・ムスビとあぶらみトン子は夫婦関係

・あぶらみトン子はフィットネスクラブの経営者でライザップよりすごいことになった

・パイ助はユーチューバーに転身

 

特に説明してませんでしたがパイ助は海外を旅するユーチューバーに転身していて、これがコンブのスイーツ作りに役立ってました。第1話で言っていた道とはユーチューバーの道だったとは。そういえばパイ助は冒険家になることが夢だったのでしっかりと夢を叶えてますね。

 

それにしてもコンブの周りの人たちが意外な変貌を遂げている中、コンブだけ一人取り残された感じが最近余計に強くなっているのがちょっと切ないです。いまだにその日暮らしな生活を送ってる理由が明確になっていないのでモヤモヤします。

 

・次回は31号 

あぶらみトン子の劇的ビフォーアフター、パイ助の転身、ムスビの脅迫ともとれるお願いなど少ないページながら情報がギッシリ詰まってカロリー満点の第5話でした。早くも次回が気になってますが今度の掲載は31号

週刊誌に月刊ペースはやっぱりじれったいです。それでもあの時のような気持ちで待ち続けます。